山本農相、自民農業改革案「農協改革は自己改革であることが基本」

 山本農相は25日の閣議後会見で、自民党の自己改革を促す農業改革案について「農協改革は自己改革であることが基本。農協組織の合意なくして一定の期限が強制されるというものではない」と述べ、自己改革が進んでいることに大きな評価をしているという認識を示し、評価のポイントについて「生産資材の価格引き下げについて基本的に全農とかけ離れることのない、両方が歩み寄った形で決着できたということは、今後、生産資材のメーカーを含めた構造的な改革まで及んでいける緒についたということ。いわば、農業を取り巻くさまざまな変わらないだろうとされたものが今後変わっていくのではないかというように。そうすると、新しい農業関連産業というものが芽吹いてくる、あるいはイノベーションがあるというように期待する」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み