食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛肉マーケット展望—国産枝相場が急騰、輸入物は現地高が続く

 4月に入り、国産牛枝肉相場が急伸している。大型連休に向けた手当てが入っているのは明らかだが、まだ上旬にもかかわらず、食肉卸企業にとってはかなりの打撃となっているようで、早くも嘆く声がきかれる。和牛肉保管在庫支援緊急対策事業が相場の下支えとなる中、需給バランスの見極めがむずかしい状況である。
 連休用の物量確保のために数を集める必要があるが、この高値相場の中では、卸にとって値決め次第では赤字も見込まれる。また、相場の急上昇に対して現在、末端の需要がまったくついてきておらず、在庫消化が進んでいない。
 関東の卸によると「コロナの拡大いかんではあるが、このまま順調にいけば自粛の反動で4月末から5月上旬は売れると思う。ただ、懸念は5月の中旬以降。ハレの日は動いても、平月になると国産も輸入もこの高値の中では厳しい。動きは完全に止まると思う」と懸念を示す。4月は、5〜6月を見据えた提案、売り方が求められていくとみられる。
 輸入ビーフについては、供給不足により先月末まで枯渇していた豪州産チルドが入荷されたことや、4月から関税が下がったこともあって米国産の供給も改善し、市中在庫は増加した。
 ただ今後、大型連休に向けた手当てが活発になることから、これらの在庫もほどなく尽きると見込まれる。また、これまで入船遅れが恒常的に続いていたことから、今後も延着が見込まれる。さらに、現地相場の下げ要因がないことから、仕入高の状況は今後も続きそうだ。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top