食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

山本農相、TPP11「方向性を決めている段階ではない」

 山本農相は12日の閣議後会見で、ベトナム・ハノイにおけるTPP関係閣僚会合について「11カ国でTPPを合意させるかどうか重要な論点が含まれているものの、方向性を決めている段階ではない。今後、農水省としてTPPの方向性を考えるにあたり、内閣官房や関係府省と連携し、とくに3点のポイントからしっかりこれを考えていく」と述べ、(1)TPP合意に関する日米間の議論の積み重ねの経緯(2)今後の米国の出方、他の国に与える影響(3)日本の農林水産物のセンシビティーをあげた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top