食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

夏季休暇期間中の口蹄疫などの防疫対策徹底で通知—農水省

 農水省は12日に都道府県の畜産部長に対して、夏季休暇期間中における口蹄疫などの防疫対策の徹底で通知を発出した。
 通知では、口蹄疫に関する情報の共有に努め、改めて畜産関係者の危機意識を高めるとともに、日本における口蹄疫などの発生を未然に防ぐため、以前からの防疫対策に加え、口蹄疫などの発生予防措置の徹底と監視体制の強化に万全を期するよう要請している。具体的には畜産関係者の海外渡航の自粛などの指導徹底などをあげている。なお夏季休暇期間中における動物検疫強化については、法務省、外務省、財務省、厚労省、国交省に対しても協力依頼している。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top