食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

腸管出血性大腸菌感染症・食中毒事例の調査結果取りまとめ

 厚労省はこのほど、腸管出血性大腸菌感染症・食中毒事例の調査結果を取りまとめた。取りまとめでは、ことしの腸管出血性大腸菌感染症報告のうち、O157VT2の件数が過去のピークを超える水準となった8月第33週(164件)をピークとして、その後は減少している。
 42の地方自治体から提出された曝露状況調査票に記載のあるO157VT2の遺伝子型分析の結果、7月17日から9月1日までに発症した141件のうち、116件の菌株情報が判明し、91件が同一の遺伝子型だった。この同一遺伝子型のO157VT2による患者の報告数は、発症日別にみると7月24日から8月8日までに最初の山があり、東京都(17件)、神奈川県(14件)、埼玉県(6件)、千葉県(4件)、長野県(3件)、群馬県、栃木県、福島県、三重県、愛知県、兵庫県から各1件ずつ報告された(8割以上が関東地方からの報告)。調査の結果、いずれも疫学的関連性を把握することはできなかった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top