食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

平成30年度畜産物価格の議論を開始—第1回畜産部会

 農水省は4日、都内で「食料・農業・農村政策審議会 平成29年度第1回畜産部会」を開催し、平成30年度畜産物価格の議論をスタートした。今回は部会長の選任と畜産をめぐる情勢が説明された。部会長には(株)日本総合研究所創発戦略センターシニアスペシャリストの三輪泰史氏が、部会長代理にはフードジャーナリストフード・アクション・ニッポンアンバサダーの里井真由美氏が選任された。
 説明によると、牛肉については国内生産量は35万t前後で推移していたが、主に和牛の生産量減少を背景に、最近減少しており、28年度は32万tとなっている。輸入状況については、この10年間で中国の牛肉輸入が78倍、アジアが2・7倍となるなど、日本以外の牛肉需要が急激に伸び、関係者からは、いつもまでも日本が思うままに牛肉を輸入できる環境になく、買い負けがおきるという指摘もある。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top