食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日EU影響試算、最大で牛肉188億円減、豚肉236億円減少


 自民党のTPP・日EU等経済協定対策本部が22日、党内で開かれ、日EU・EPAおよびTPP11の経済効果分析について説明された。
 説明によると、日EU・EPAの農林水産物の生産額への影響試算は牛肉の生産減少額が約94億〜約188億円とした。試算の考え方については、長期の関税削減期間を確保し、差額関税制度・分岐点価格を維持するとともに、セーフガードを措置、国内産牛肉のうち、和牛・交雑種牛肉は品質・価格面で輸入牛肉と差別化されていることなどから、当面、輸入の急増は見込みがたく、体質強化対策や経営安定対策を適切に実施することにより、引き続き、生産や農家所得が確保され、国内生産量が維持されることを見込むとしている。

◆行政・統計

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

 総務省統計局が公表した2月家計調査報告(2人以上世帯=1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,456円(前年同月比27%増)。前月までに比べ伸び率は落ち着きつつあるものの、昨年2月は新型コロナの感染拡大が国内でも警戒され始めた時...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

 一般社団法人日本養豚協会(JPPA、日本畜産物輸出促進協議会豚肉輸出部会事務局)はこのほど、タイにおける豚肉マーケット調査報告書を取りまとめ、ホームページに公表した。同調査は日本産豚肉の海外市場拡大のため、2020年度の豚肉輸出事業として...
More

◆製品

More
Return Top