食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

平成29年度鳥フル疫学報告書、強固な防疫体制の構築を提言


 農水省は24日、平成29年度における高病原性鳥インフルエンザの発生に関する疫学報告書を公表した。報告書によると、発生農場の特徴はこれまで発生が確認されていなかった香川県で確認された。発生農場は、付近に竹林と雑木林があるなど、小動物の生息に適した環境が存在していた。農場周辺における水辺の有無について比較分析を踏まえると、今回の家禽における発生に関しては、ウイルスに感染した野鳥が農場周辺に飛来し、農場周辺の環境中にウイルスが存在し、野生動物等何らかの手段によってウイルスが鶏舎内に侵入した可能性が考えられた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top