食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

自民農林合同会議、平成31年度概算要求案を提示


 自民党の農林部会などの合同会議が24日、党内で開かれ、平成31年度概算要求案が提示された。
 案によると、平成31年度の要求・要望額は農林水産予算総額が前年度比18.5%増の2兆7,269億円で、うち公共事業費が21.1%増の8,308億円、非公共事業費の17.3%増の1兆8,962億円となった。
 畜産関係では、畜産・酪農経営安定対策が1,756億円(平成30年度当初予算額1,864億円)、畜産生産力・生産体制強化対策事業が16億円(15億円)、草地関連基盤整備が105億円(69億円)となっている。新規としては、肉用牛農家の労働負担軽減・省力化に寄与するロボット、AI、IoTなど先端技術の導入や、畜産農家に高度かつ総合的な経営アドバイスを提供するためのビッグデータ構築を支援する「ICTを活用した畜産経営体の生産性向上対策」が224億円の内数となっている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top