食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

和牛遺伝資源の流通の適正化案を了承—自民畜酪対策委

 6日に開かれた自民党の畜産・酪農対策委員会(赤澤亮正委員長)で和牛遺伝資源の流通の適正化案が了承された。適正化案では流通面について県で精液を一元管理する宮崎県の事例を参考に国が適切な管理のための方針を示し、必要な経過措置を講じた上で3年後をメドに全国展開するとされた。出席した議員からは一つの県で管理すると和牛の近交係数が高くなると指摘されたものの、家畜改良事業団の精液を適切に交配に入れることで血が濃くなることを防いでいくとされた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top