食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

20年上半期の食肉流通統計、牛のと畜頭数は0.5%減、豚は2.7%増

 本紙では農水省の食肉流通統計2020年上半期(1〜6月)の牛・豚・馬肉の生産数量を試算した。牛のと畜頭数は昨年より減少幅が小さくなったものの、前年同期を割り前年同期比0.5%減となった。豚のと畜頭数は昨年を上回り2.7%増と増加に転じた。豚熱が着実に沈静化に向かい、豚は増加、牛は国の増頭対策も進められているものの、前年を上回ることはできなかった。
 肉牛の全国と畜頭数は上期累計で49万910頭(前年同期比0.5%減)となり、昨年に続き前年割れ、枝肉生産量は22万3,283t(0.1%減)とほぼ前年並みにとどまった。月別のと畜頭数をみると、1月に2.9%増、2月に0.9%減、3月に3.3%減、4月に7.5%減、5月に2.5%減、6月に9.4%増と6月は前年が少なかったため増加となっているが、おおむね低調に推移し上半期では前年割れとなった。新型コロナウイルスの影響で食肉在庫が積み上がり、と畜できないことが懸念されたが、この程度の減少にとどまったことは関係者の尽力があったと推測できる。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top