米活用畜産物ブランド化推進事業なども—–29年度農水予算

 農水省の平成29年度予算概算決定で、本紙関係では飼料用米を活用した豚肉等の畜産物など、米を使用した新たな食品のブランド化を支援する「米活用畜産物等ブランド化推進事業」4千万円(4千万円)、外国人旅行者が直売所などで購入した農畜産物が動植物検疫を経て空港等で円滑に受け取れる仕組みを普及するとともに、輸出検疫条件が複雑な品目の検疫手続円滑化モデルを支援する「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業」4千万円(5千万円)なども盛り込んでいる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする