27年次食肉の消費構成割合、牛肉と鶏肉で家計消費の割合が減少

 農水省食肉鶏卵課は17日、平成27年次(1〜12月)の食肉の消費構成割合を発表した。内訳をみると、牛肉は前年に比べ家計消費が1%減、加工仕向けが前年同、その他が1%増加。豚肉は家計消費が1%増、加工仕向けが前年同、その他が1%減。鶏肉が家計消費が1%減、加工仕向けが1%増、その他が前年同だった。
 本紙では消費構成割合を農畜産業振興機構などが発表した推定出回り量を基に、27年次推定出回り量(部分肉ベース、表参照・食肉速報に掲載)を構成割合にあてはめて推計した。その結果、3畜種合計の27年次推定出回り量は420万7,100t(前年比1.7%増)となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする