日本が高病原性鳥インフルエンザの清浄国に—農水省

 農水省は28日、日本が国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、高病原性鳥インフルエンザの清浄国となったと発表した。
 経緯は平成28年11月から29年3月にかけて、青森県、新潟県、北海道、宮崎県、熊本県、岐阜県、佐賀県、宮城県および千葉県の12件の家禽飼養農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)について、3月27日までにすべての発生農場の防疫措置が完了した。その後、3カ月間新たな発生が確認されなかったことから、日本は、OIEの規定に基づき、同日付けで高病原性鳥インフルエンザの清浄国となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする