食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

日本が高病原性鳥インフルエンザの清浄国に—農水省

 農水省は28日、日本が国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、高病原性鳥インフルエンザの清浄国となったと発表した。
 経緯は平成28年11月から29年3月にかけて、青森県、新潟県、北海道、宮崎県、熊本県、岐阜県、佐賀県、宮城県および千葉県の12件の家禽飼養農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)について、3月27日までにすべての発生農場の防疫措置が完了した。その後、3カ月間新たな発生が確認されなかったことから、日本は、OIEの規定に基づき、同日付けで高病原性鳥インフルエンザの清浄国となった。

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top