食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

冷凍牛肉SG発動、8月から来年3月末まで関税50%、14年ぶり

 農水省は28日、平成29年度第1四半期の冷凍牛肉の輸入量が関税緊急措置の発動基準数量を超えたため、冷凍牛肉に関する関税緊急措置(セーフガード=SG)を発動すると発表した。SG発動により、8月1日から来年3月末まで現在の関税38.5%を50%に引き上げる。豪州産は、日豪EPAにより冷凍牛肉の関税が上がらず、29年度の27.2%のままとなる。SGの発動は15年度第1四半期のチルド以来14年ぶり。 
 SGは全世界からの輸入量が117%を超えており、かつEPAが発効していない国からの輸入量も117%を超えている場合に発動される。EPAを発効していない国は米国、ニュージーランド、カナダなどで、EPAを発効していない国全体の輸入量の8割を米国が占める。今回、トリガー数量を超える要因となった一つとして、5月半ばに中国の米国産牛肉輸入解禁の報道を受け、先高を懸念した国内卸が在庫を抱えたことがあげられる。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top