28年度食料自給率、カロリー1ポイント減、生産額2ポイント増

 農水省は9日、平成28年度の食料自給率を公表した。平成28年度はカロリーベース食料自給率が前年度より1ポイント下がり38%、生産額ベース食料自給率が前年比2ポイント増の68%となった。国内生産量は牛肉が減少だったが、豚肉、鶏肉ともに増加した。
 カロリーベース食料自給率が1ポイント下がった要因は、小麦およびてんさいなどについて作付面積が拡大したものの、天候不順により単収が落ち込み生産量が減少したことなどによる。一方、生産額ベースが2ポイント増となった要因は野菜および果実について、輸入額が減少する中で国内生産額が増加したことなどによる。

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする