自民農林会議、グローバル・ファーマーズ・プロジェクトまとめる


 自民党農林部会などの合同会議が30日、党内で開かれ、輸出促進戦略「グローバル・ファーマーズ・プロジェクト」が取りまとめられた。輸出戦略では従来のうすく広くの政策から転換し、真に結果を出しうる輸出業者を支援する。そのために、輸出業者が登録する「グローバル・ファーマーズコミュニティー」を形成。グローバル産地の形成を支援するとともに、365日マッチング可能な場を提供するとしている。さらには、日本の食ブランド確立のために、戦略的マーケティングを行っていくことで、輸出額1兆円以上を目ざす。今夏中に特設サイトを公開予定。
 会議で小泉進次郎農産物輸出促進対策委員長は「農林水産物の輸出についていえば、まだまだ日本は輸出途上国だ。しっかりと真に結果を出しうるプレーヤーをどうやって支えていけるのか。必要な方に必要な支援をして、成功事例を産んで、さらに1兆円を超えたその先の目標に向かっていくアプローチを考えた」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み