食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

平成31年度の畜産物価格の議論開始—畜産部会


 農水省は3日、都内で「食料・農業・農村政策審議会畜産部会」(三輪泰史部会長、(株)日本総合研究所創発戦略センターエキスパート)を開催し、平成31年度の畜産物価格の議論を開始した。
 部会では先般、有識者による検討会で取りまとめが行われた新たな肉用子牛生産者補給金の算定方式など事務局から畜産をめぐる情勢が説明されたあと、出席した委員から意見を聴取。具体的には(1)TPP11など国際化への対応(2)和牛の相場高止まりの問題(3)海外交渉がある中で肉用子牛生産者補給金の保証基準価格をしっかりとしたものとしてほしい(4)豚コレラの対応——などの意見が出された。次回の部会は今月中旬に開かれる予定。

◆行政・統計

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

 財務省貿易統計による9月国産牛肉輸出量は38万7,706kg(前年同月比35.4%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約30tの減少。輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計12万4,230kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

 カナダポーク・インターナショナル(CPI)は5日、日本事務所の開設10周年を記念したセミナーとレセプションを東京・港区のカナダ大使館で開催。会場には約280人の関係者が訪れた。セミナーに先立ち、10月28日付でCPIプレジデント&CEOに...
More

◆製品

More
Return Top