食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

自民畜酪小委、畜産物価格および畜産関連政策を議論


 自民党の畜産酪農対策小委員会(赤澤亮正委員長)が5日、党内で開かれ、党での畜産物価格および畜産関連政策の議論を開始した。今後、週末に北海道と本州の現地視察を行い、12日の小委で価格を決定する予定。
 冒頭、農水省の富田育稔畜産部長が畜産をめぐる情勢、子牛補給金単価の算定方式の見直しを説明。子牛補給金単価の算定方式の見直しについては、現在の肉用子牛生産者補給金制度(1階事業)と肉用牛繁殖経営支援事業(2階事業について肉用子牛生産者補給金制度に一本化する。また先般の有識者による検討会で保証基準価格の算定には生産費を基礎とし、過去7年間を算定することとされた。議員からは都府県酪農を中心に意見が集中したが、養豚のチェックオフ制度や飼料用のコメについても言及された。

◆行政・統計

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

 自民党の農林部会合同会議が12日、党内で開かれ、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案の条文案、家畜改良増殖法の一部を改正する法律案および家畜遺伝資源に関する不正競争の防止に関する法律案の骨子案が了承された。今後、党内手続きを経て、国会で...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top