吉川農相、岐阜豚コレラ3例目「県との連携を強化」


 吉川農相は7日の閣議後会見で岐阜県で豚コレラの3例目が確認されたことについて「当該施設で飼養されている豚約500頭の殺処分は6日未明に完了をしている。その死体の埋却、汚染物品の処理、畜舎の消毒などの防疫措置は、7日昼ごろにも完了する見込みときいているところ。農水省としては、早期の封じ込めを図るために、引き続き、県との連携を強化して、関連農場における異状の有無の確認と円滑な防疫対策を実施してまいりたい」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み