モンゴルでアフリカ豚コレラが初めて発生


 農水省は16日、モンゴルにおいてアフリカ豚コレラが初めて発生したと発表した。発生は1月9日、同国ボルガン県裏庭農場において豚で1件を確認。症例数は85頭、死亡数85頭、淘汰(とうた)数214頭となっている。同病は中国で猛威を振るっているが、モンゴルは中国と地続きのため、関連性が高いとみられる。モンゴルでの発生によって、同国のまん延が危ぐされるとともに、モンゴルと地続きの地域での発生も懸念される。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み