吉川農相がベルリン農相会合に出席、デジタル化など共同声明を採択


 吉川農相は17〜21日まで、ドイツ・ベルリンに出張し、ベルリン農業大臣会合に出席した。会合では「農業のデジタル化—将来の営農活動を見据えたスマートな解決方法」とする共同声明を採択した。また吉川農相はテーマであった「農業のデジタル化」に関連し、AIやIoTを活用した日本の取り組みを紹介。G20関係各国の閣僚に対して、ことし5月11日、12日に開催されるG20新潟農業大臣会合への参加を呼びかけた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み