食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

食肉販売・処理HACCP手引書案、記録簡素化で負担軽く実効性も


 全国食肉事業協同組合連合会全国食肉業務用卸協同組合連合会、首都圏食肉卸売業者協同組合の3団体が共同実施する平成30年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業のマニュアル作成専門部会が21日、東京・赤坂のアジミックビルで開かれ、食肉販売業向け、小規模な食肉処理業向けそれぞれについて、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理(B基準)の手引書案が示された。前回までたたき台として出されていた原案からさらに内容を詰めたもので、大筋了承された。食肉専門店などの日々の業務の中で極力負担とならず、かつ実効性が上がるものとなるよう留意し、委員から「大変よくまとまっている」などの意見が出された。今後、手引書案は今回出された意見を踏まえ、一部修正し2月10日ごろまでに委員の最終確認を得たあと、厚労省の食品衛生管理に関する技術検討会に提出する。来年度に検討会の結果を踏まえた作成作業を進め、7月に手引書の完成、関係者への配布を目ざす。

◆行政・統計

農水省が輸出拡大実行戦略示す、三つの基本的考え立案

農水省が輸出拡大実行戦略示す、三つの基本的考え立案

 内閣官房は20日、官邸内で「第9回農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」を菅総理および野上農水大臣を含む関係大臣を集めて開催。会議では農水省が「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略(骨子案)」を示し議論...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top