食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「モモ不足も全体では荷余り続く」食鳥協関西支部の新年理事会


 日本食鳥協会関西支部(山本才司支部長)は22日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで新年理事会・懇親会を開催し、会員・賛助会員ら多数が出席した。冒頭、山本支部長が「昨年は皆さまの奮闘もあり、生産加工が順調に推移した。改めて感謝申し上げたい。協会本部の新年理事会では『食鳥消費が伸長する一方で、輸入品とのシェア争いに苦戦している』と紹介された。関西支部としても皆さまとともに、この状況を乗り越えていきたい」とあいさつ。続いて各部会員からクリスマス・年末商戦を中心に昨今の生産・販売状況が報告された。概要は次のとおり(食肉速報に掲載)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top