全国霜降り牛研究会秋季講演会、松永牧場・松永専務などが講演

 全国霜降り牛研究会は26日、東京・千代田区の如水会館で秋季講演会を開催した。
 主催者を代表して山口登副会長は「今回の講演も皆さまの関心のあるものばかりで、大変参考になると思う。研究会をますます盛り上げ、講演を通しての技術提供で経営の向上につながればと思う」とあいさつした。
 来賓では、日清丸紅飼料(株)の川合紳二社長が「国内の畜産は厳しい状況だが、和牛は世界で認められており、生産者が努力を続ける限り、不安はないと思う。飼料メーカーとして、これからも生産者と一緒に歩んでいきたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み