食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

HACCP検討会最終まとめ、基準B「飲食、販売業等」と明記

 HACCPの義務化を検討していた、厚労省の第9回「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」(座長=五十君靜信・東京農大教授)が14日、都内で開かれ、最終取りまとめ案を了承。すべての食品等事業者を対象とするHACCPの制度化のあり方を提示した。検討会は今回で終了し、同省は最終案を報告書のポイントを示す概要版とともに月末までに公表する。
 HACCPの制度化に向けては今後、厚労省が取りまとめを受け、制度化に必要な食品衛生法をはじめと畜場法など関係法令の改正案の作成作業に入り、これらの法案について、平成30年の通常国会提出を目ざして作業を進める。国会審議を経て改正案が成立したあと公布、さらに一定の経過措置期間が設けられ施行され、制度が開始される見込み。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top