食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

自民畜酪小委、畜産物価格について詰めの議論、あす決定

 自民党の畜産・酪農対策小委員会(坂本哲志小委員長)が15日に開かれ、畜産物価格の取りまとめについて詰めの議論が行われた。詰めの議論では肉用牛経営の後継者育成に真剣に取り組むべきなどの意見が出されたほかは、酪農の加工原料乳補給金単価についての議論に終始。取りまとめについては幹部に一任された。あす早朝にも価格決定が報告される。
 冒頭、小泉農林部会長は「来年の飼料価格が値上がりすると報告があった。単価の決定でいくら上げても、この為替によって餌代が上がれば、それだけ圧縮される。ぜひこれから畜産酪農においては価格の決定だけに関心をもつのではなく、コストの部分でいかにこのコスト負担を下げていくかの部分に真剣に着目して、為替の振れは必ずあるが、それにできるだけ、経営が左右されないような、そんな生産コストの意識をもっていただきたい」と述べ、出席者の協力を求めた。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top