食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

豚肉マーケット展望ー国産需要底堅い、一時的に700円台も

 全国的に梅雨入りとなり、不需要期で末端の消費は決して芳しい状況とはなっていない。しかし、輸入ポークの価格高騰や供給不安が続いている中、量販店などの店頭では国産へ切り替えるケースも多く、実需以上に荷動きは活発。さらに為替の円安傾向が強まっており、輸入環境は厳しい状況が続いている。
 ただ、食品や生活必需品など、あらゆるものの価格が上昇している中、消費者の節約志向はますます強まっている。そのため、より安価なアイテムへと需要はシフトしており、荷動きの中心はウデやモモといったスソ物。切り落としやひき材がとくに動いている。半面、行楽需要も一服する時期であり、バラやカタロースなどの荷動きはいまひとつ。さらにロースやヒレは動きが悪い。
 もともと、6〜7月は出荷頭数が年間で最も減少する時期であり、全国と畜頭数が6万頭台を割り込む日もみられるようになってきた。さらに各地ではいまだ豚熱やPED(豚流行性下痢)の発生がみられる。前週は群馬県桐生市で8例目となる豚熱の発生が確認され、約5千頭が殺処分となった。関東近郊でも発生が続いており、状況によってはさらに枝肉価格を押し上げる可能性も出てくる。
 また、これから夏に向けて気温が上昇していく中、暑さが厳しくなると、生体豚の増体へ影響を及ぼすケースなども懸念されるところだ。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top