食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛肉マーケット展望—和牛は需要が弱い、輸入牛肉の高値は継続

 日本フードサービス協会(JF)発表の5月の外食産業市場動向調査によると、全店データで売上高前年同月比が20.4%増、客数12.5%増となった。売上高、客数ともに昨年12月から前年を上回り続けており、客単価については昨年10月から前年を上回り続けている。コロナ前の2019年の売上高との比較では、4.6%減と下回ってはいるが、一時に比べるとかなり回復してきているといえる。ファミリーレストラン業態の中の「焼き肉」は連休の集客が好調だったことから59.6%増となった。19年比でも4.1%増と過去実績を上回っている。
 かなり改善がみられるが、国産牛肉はまだまだ厳しい状況にある。メディアによる物価高に関する報道が増加していることから、生活者も消費抑制に意識が傾いている。この状況に飼料高による影響もあって生産者の子牛導入は消極的だ。販売面では、乳牛、交雑牛は和牛の代替需要が高まっているが、和牛相場は低迷。7月に入ればギフト需要、旧盆商戦需要で回復が見込まれるが、卸売業者へのきき取りではとくに高級業態の売上状況が厳しいことから、そこまで活発化しないとみている。相場上昇は限定的で、8月に入ればほどなく相場は下がる見通し。行政による消費拡大キャンペーン施策への期待も薄い。ただ、この2年減少していた帰省者は増えるとみられており、地方は活気付くか。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top