食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京都が食肉の生食実態調査実施、生食提供飲食店が6割超

 東京都はこのほど、食肉の生食などによる食中毒の予防に関する普及啓発のため、都民(消費者)の喫食実態および都内飲食店における食肉の生食料理などの提供実態などを調査。調査は、20歳以上の都民1,500人を対象に行われた。その内訳は「生や生に近い状態で食べる食肉料理」または「加熱不十分(半生)な状態で食べる食肉料理の喫食経験がある」1千人と、そうした料理の喫食経験がない500人。また、飲食店従事者に対する食肉の生食などに関する実態調査については「生や生に近い状態で食べる食肉料理」、または「加熱不十分(半生)な状態で食べる食肉料理を提供している、もしくは提供していた」都内飲食店への従事経験を持つ20歳以上500人。調査はインターネットアンケートでことし2月に実施された。
 【消費者における食肉の生食.半生食の実態】生食経験ありと回答した消費者では「よく食べる」が9.2%、「たまに食べる」が49.3%、「以前は食べていたがやめた」が41.5%であった。加熱不十分(半生)な状態で食べる食肉料理の喫食状況のうち、半生食経験ありと回答した消費者では「よく食べる」が9.7%、「たまに食べる」が52.9%、「以前は食べていたがやめた」が37.4%であった。喫食経験のある生や生に近い状態のメニューは「馬肉の刺し身」が56.9%と最も多く、次いで「牛肉のユッケ・タルタルステーキ(細かく刻んだ生肉)」が56.8%、「牛肉のたたき」および「鶏のたたき・とりわさ」が48.4%、「鶏肉の刺し身」が35.6%(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top