食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京食品機械がつくば本社工場竣工式、ムルチバック社役員ら来日

 東京食品機械(株)(東京都中央区、大沼謙一郎社長)は1日、このほど完成した「つくば本社工場」(茨城県つくば市みどりの東10-3)の竣工式を開催。ムルチバック本社の役員らも来日し、東京食品機械の新たな拠点となる、新本社工場の門出を祝した。新本社工場は2階建で敷地面積1万4,400平方m、述べ床面積約5100平方m。我孫子(千葉)、戸田(埼玉)の2工場の機能をそれぞれ移管して集約。生産機能を集約化することで体制の効率化と顧客の利便性向上を図る。すでに我孫子工場からは完全移管しており、戸田工場からの移管もまもなく完了する見通し。月内にもフル稼働を予定している。
 工場1階では深絞り包装機やトレーシーラー、スライサーなどの大型機械が展示されるショールームが来場者を出迎え、工場内は包装機など機械の金型製作と組み立てのスペースに分かれている。また、ここ数年はコロナ禍による内食需要の増加やSDGsへの取り組みなどにより、顧客からの要望が大きく増加。新本社工場ではテスト室を用途別に複数用意し、テスト用スペースは従来の5倍に拡張した。包装機のテスト室には各種トレーシーラーや深絞り包装機、加工食品機械のテスト室ではソーセージラインやグラインダーなど、最新機を含めたさまざまな機械を常設。包装機のテスト室では、実際に顧客の使用環境に合わせ、かなり低い室温に設定可能な部屋も用意した。さらにベーカリー機械専用スペースもあり、パイシーターやオーブンなど、パン製造にかかわる工程をすべて網羅。今後はたとえば新たなサンドイッチなどを開発する場合、食品加工機器でパンに挟む具材の製造をテストし、その後ベーカリー機械のテストも同時に行うなどの一連の提案も可能になる。また、2階には部品庫も設置。急なトラブルや顧客からの要望にスピーディーに対応できる体制を構築する。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top