食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

カナダビーフフードトラックが始動、オリジナルバーガー大好評

 カナダビーフ国際機構がサポートし、グローバルミートアライアンス合同会社(以下、GMA)が販売を行うフードトラックが10日から始動し、東京・中央区の月島第二児童公園で開催された「太陽のマルシェ」に出店した。今回を皮切りに来年の3月までカナダビーフを使ったオリジナルバーガーやオリジナル丼を各地で販売。カナダビーフを販売するスーパーなどのエントランスでも出店し、トライアル試食から売り場への誘導、店内での購入促進に貢献していく。BBQ場、イベント会場、レジャー施設、マルシェなどさまざまな場所で出店を予定。高タンパク、低脂質、赤身たっぷりのヘルシーなカナダビーフのおいしさを消費者に訴求していく。直近は関東中心だが、その後は地方などへの出店も検討する。
 この日販売されたのは、カナダビーフを使用したハンバーガー2種類。「カナディアンビーフ・ステーキバーガー」は、カナダ産カタロースステーキを使用し、肉のうまみと野菜の甘みが十分感じられるボリューム満点の一品。ほどよく酸味のきいた玉ねぎドレッシングは、カナダではステーキ料理に使われることがあり、クリームチーズも絶妙なアクセントとなり肉のうまみを引き立てる。また、「カナディアンビーフ・ハラミBBQバーガー」は、ジューシーで軟らかい肉質のカナダ産ハラミをぜいたくに使用し、肉がぎっしり入っている。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top