北海道今シーズン国内6例目、道内では2例目の鳥フル発生




 農水省は7日、北海道伊達市の家禽農場において、今シーズン国内6例目(北海道2例目)となる高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認を発表した。これを受け、同農場の肉用鶏約15万羽が殺処分となる。
 北海道は6日、道内伊達市の農場から、死亡羽数が増加しているとの通報を受けて、当該農場に対して移動の自粛を要請するとともに農場への立入検査を実施。同日、鳥インフルエンザの簡易検査を実施したところ陽性であることが判明した。その後、7日に遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認された。
 なお、北海道では、10月末に道内厚真町の肉用鶏農場で国内2例目となる鳥インフルエンザの発生があり、これについては約17万羽が殺処分となった。

※当ページに掲載している記事はいずれも日刊「食肉速報」からの抜粋です。詳細は本紙でお読みいただけます。 >>「食肉速報」を今すぐ申し込む



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次