食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

日本食肉流通C賀詞交歓会、小林理事長「二つの事業を着実に」

 公益(財)日本食肉流通センターおよび同センター卸事業協組・川崎冷蔵事業協組は10日、同センター内で賀詞交歓会を開き、食肉関係者多数が参集した。
 主催者の小林裕幸理事長は昨年の情勢を振り返りつつ、流通センターの主な事業である卸売価格の公表と施設の貸付事業について「価格の公表は改善の余地があり、準備が整い次第リニューアルしていく。貸付事業は、HACCPの情報を集めていかねばならない。ことしはこの二つの事業を着実にしていく」と語った。
 同じく主催者の同センター卸事業協組・川崎冷蔵事業協組の鶉橋誠一理事長は、わが国の政治や経済が厳しい環境であることを述べつつ、「食肉の相場高や原料表示の問題などあるが、それに打ち勝ち発展していくこと、将来を担う若者たちが、安全にすくすくと育っていける世の中になっていくことを祈念したい」と述べた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top