食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

高病原性鳥インフルエンザの清浄化を宣言—農水省

 農水省は20日、鳥インフルエンザの清浄化を宣言。国際獣疫事務局(OIE)のウェブサイトにその旨が掲載されたことを発表した。
 昨年10月からことし5年4月まで国内の家禽飼養農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型、H5N2亜型)は、4月14日までにすべての防疫措置が完了。その後、新たな発生が確認されなかったことから、農水省ではOIEの規定に基づき、高病原性鳥インフルエンザの清浄化宣言を提出していたが、このほど、当該清浄化宣言が5月13日を開始日として、OIEのウェブサイトに掲載された。また、清浄化に伴い、家禽由来製品の主な輸出国・地域への全国からの輸出が可能となっている。

◆行政・統計

今シーズン3件の発生踏まえ、鳥フル等家畜防疫対策本部開催

今シーズン3件の発生踏まえ、鳥フル等家畜防疫対策本部開催

 自民党の鳥インフルエンザ等家畜防疫対策本部が1日、党内で開催された。会議では、今シーズンにおける高病原性鳥インフルエンザ3件の発生を踏まえ、議論が行われた。冒頭、江藤拓総合農林政策調査会長は「鳥インフルエンザに関しては、昨年大変であったこ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top