食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

全国畜産課長会議、大野畜産部長「ことしは実行の年」

 農水省は17日、省内で全国の畜産関係者を集め平成28年度第2回全国畜産課長会議を開き、29年度予算を説明した。
 冒頭、農水省の大野高志畜産部長は昨年が畜産振興・発展のための土台作りの1年だったと振り返り「ことしは実行の年と思っている。すでに講じた対策についてはその効果が十全に上がるように取り組んでいく。またプログラムの中で方向性の示されたものについて、制度・設計なり、実際の具体化の取り組みをやっていく、こういう年に当たっていると認識している。わが国畜産の将来の発展のために、帆を揚げて、対策の実行、あるいは具体化に取り組んで参りたい」」と述べ、関係者の協力を求めた。各課の説明は次のとおり(食肉速報に掲載)

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top