食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

自民党鳥フル対策本部、寒冷地に対応した対策を求める意見

 自民党の鳥インフルエンザ対策本部が15日、党内で行われ、これまでの発生を踏まえ、今後の予防と対策について議論された。
 農水省の説明によると、国内の鳥フルについては移動制限がすべて解除されている。発生県への手当金の交付は4県が済み、3県について今月中旬に交付することになっている。
 また最近、韓国で鳥フルが流行していることが報告され、水際対策の重要性が指摘された。なお同国の鳥フルによる殺処分は3500万羽にのぼっている。
 出席した議員からは(1)防鳥ネットは人差し指大の穴でもねずみなどの侵入を許してしまうことから、メーカーと国で対策を検討してほしい、また空港にある光や紫外線による防疫も検討すべき(2)今回北海道で発生があったため、寒冷地に対応した対策(3)日中韓の連携を深めるべき—などの意見を出された。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top