食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

千葉県採卵鶏農場で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜を確認

 農水省は23日、千葉県旭市の採卵鶏農場(飼養頭数、採卵鶏約6万8千羽)において、家畜伝染病である高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されたと発表した。24日の遺伝子検査の結果、H5亜型であり、同日、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top