食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

羽田空港国際線ターミナルでの手土産用和牛を販売—全農

 全農グループは、東京国際空港ターミナル(株)にシンガポール向け手土産用に和牛を販売し、同社は羽田空港国際線ターミナル免税エリアで、24日からその商品の販売を開始した。
 シンガポールは、動物検疫所で検疫を受けた日本産牛肉・豚肉・加工品の手土産持ち込み(個人消費用として5kg以内)が認められているが、羽田空港国際線ターミナル免税エリアでの和牛販売は今回が初めての試みとなっている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top