食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

28年度の畜産物関税割当実績、豪州の牛くず肉等は消化率94%

 農水省が取りまとめた、各国とのEPAに基づく平成28年度の畜産物の関税割当実績(表参照、食肉速報に掲載)によると、メキシコは、牛肉が年間枠数量1万5千tに対し、発給数量は8,135tで、消化率は54%となった。一方、豚肉は枠9万tに対し、発給数量は7万8,490tで、消化率は87%。チリは、冷凍牛肉の枠4千tに対し、発給数量は10t(消化率0%)、豚肉の枠6万tに対し、発給数量は2万7,351t(46%)、鶏肉は枠5,500tに対し、発給数量は31t(1%)。タイは、豚肉調製品が枠1,200tに対し、発給数量は1,196t(100%)となった。フィリピンは鶏肉の枠7千tに対し、発給数量は1,506t(22%)、ソーセージ、豚肉調製品の発給実績はなかった。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top