食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民TPP対策本部、牛豚SG「一定の調整が必要な部分ある」

 自民党のTPP総合対策実行本部が17日、党内で開かれ、ハノイにおけるTPP閣僚会合について事務局から報告を受けた。
 報告によると、21日にAPEC貿易大臣会合にあわせて、ベトナム・ハノイにてTPP関係閣僚会合が開催される予定。3月にチリで開催された閣僚会合では、TPP参加11カ国の結束を維持することが確認された。その後、5月上旬、カナダで開催された首席交渉官レベルの準備会合では、モメンタム(勢い)を維持する必要性で一致する一方、各国の多様な立場も含め、率直な意見交換を行った。ハノイ会合では、TPPの今後の方向性について議論が行われると報告された。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top