食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[USDA需給予測5月公表]牛・豚・鶏肉とも18年まで増産予測

 米国農務省(USDA)は現地時間16日、5月現在における食肉等の需給予測(表参照、食肉速報に掲載)を発表した。それによると2017年の食肉生産総量は順調に回復するも1,031億1,800万ポンド(前年対比2.4%増)と前月予測よりやや減少予測している。これは牛肉生産量が、穀物肥育牛の平均的な生体重量の減少に基づき263億ポンドとわずかに下方修正されたためで、背景にはマーケッティングのより速い需要ペースを反映したものという。17年の後半には、枝肉重量が春用飼料穀物の供給増加の可能性から徐々に重量減少は緩和されるとも予測している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top