食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民骨太PT、規格・認証等戦略に関する提言案を了承

 19日に自民党の農林水産業骨太方針実行PTで規格・認証等戦略に関する提言案が提示され、了承された。PT後に開かれた農林部会合同会議でも案は了承された。提言案ではGAP、HACCP、JAS制度、地理的表示についての今後の目標と具体的施策を提示している。
 小泉進次郎PT委員長は「東京オリンピックパラリンピックがゴールではなくて、めざすのはその先。しっかり2030年まで目的意識を置いて、農水省もオリパラが終わり次第、GAPに関するガイドラインを変えて、都道府県のGAPは発展的解消を遂げる」と述べた。西川公也農林戦略調査会長はJAS規格とGAPをどのように関係づけていくかが重要との認識を示した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top