食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

輸出促進協がジャパンブランド確立の一環で3報告書まとめる

 日本畜産物輸出促進協議会は、平成28年度事業取組み(ジャパンブランド確立取組み)の一環として(1)日本産和牛の点から面への浸透の現状(ロンドン中心)(2)今後の牛肉輸出に向けた海外マーケット調査報告(中華民国=台湾)(3)オーストラリアにおけるハラール認証の取組状況—の3テーマを報告書として協議会のホームページに掲載している。
 それによると(1)ではEU市場において「Wagyu」の名の下に流通している牛肉は数多く存在するが、「From Japanこそが本物で、和牛統一マークは本物の証である」の強みを活かし切れているのか。EUにおける和牛の広がりは流通チャネルが延伸していく中で、EU域内においては輸入事業者から2次卸、2次卸から実需者へと「点から面」へと広まる中で、日本産の強みを活かした店頭販促資材や和牛統一マークの使用をどのように推進するか一考を要する。さらなる発展のため遠い実需者との相互協力が大切としている。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top