食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020
年鑑

輸出促進協がジャパンブランド確立の一環で3報告書まとめる

 日本畜産物輸出促進協議会は、平成28年度事業取組み(ジャパンブランド確立取組み)の一環として(1)日本産和牛の点から面への浸透の現状(ロンドン中心)(2)今後の牛肉輸出に向けた海外マーケット調査報告(中華民国=台湾)(3)オーストラリアにおけるハラール認証の取組状況—の3テーマを報告書として協議会のホームページに掲載している。
 それによると(1)ではEU市場において「Wagyu」の名の下に流通している牛肉は数多く存在するが、「From Japanこそが本物で、和牛統一マークは本物の証である」の強みを活かし切れているのか。EUにおける和牛の広がりは流通チャネルが延伸していく中で、EU域内においては輸入事業者から2次卸、2次卸から実需者へと「点から面」へと広まる中で、日本産の強みを活かした店頭販促資材や和牛統一マークの使用をどのように推進するか一考を要する。さらなる発展のため遠い実需者との相互協力が大切としている。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top