食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

輸出促進協がジャパンブランド確立の一環で3報告書まとめる

 日本畜産物輸出促進協議会は、平成28年度事業取組み(ジャパンブランド確立取組み)の一環として(1)日本産和牛の点から面への浸透の現状(ロンドン中心)(2)今後の牛肉輸出に向けた海外マーケット調査報告(中華民国=台湾)(3)オーストラリアにおけるハラール認証の取組状況—の3テーマを報告書として協議会のホームページに掲載している。
 それによると(1)ではEU市場において「Wagyu」の名の下に流通している牛肉は数多く存在するが、「From Japanこそが本物で、和牛統一マークは本物の証である」の強みを活かし切れているのか。EUにおける和牛の広がりは流通チャネルが延伸していく中で、EU域内においては輸入事業者から2次卸、2次卸から実需者へと「点から面」へと広まる中で、日本産の強みを活かした店頭販促資材や和牛統一マークの使用をどのように推進するか一考を要する。さらなる発展のため遠い実需者との相互協力が大切としている。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top