食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

経過措置期間5年程度に見直しへ—加工食品の原料原産地表示

 既報のとおり、内閣府消費者委員会の第40回食品表示部会(部会長=阿久澤良造・日本獣医生命科学大学学長)が8日に、開かれ、すべての加工食品を対象に原料原産地表示を義務化する食品表示基準の一部改正について審議。経過措置期間については、原案で平成32年3月末としていたものを見直し、制度施行から5年程度とする方向をまとめた。次回、29日に開く会合で、消費者庁が今回の議論を踏まえ、この方向に沿い見直し案を提示する見通し。
 経過措置期間の議論では、渡邊健介委員(一般(財)食品産業センター参与)らが提出した資料を基に意見交換を行った。この中で渡邊委員は「経過措置期間は、今回の制度施行から5年を確保すべき」とし、その理由を説明。それによると、今回の原料原産地表示制度は、従来の表示制度の変更と異なり、「過去の原料使用実績を調査する期間」「表示方法を選択する期間」が必要になり、また事業者に再度ヒアリングしたところ、原料原産地表示を正確に表示に反映させるための表示システム改修、検証、情報登録も必要になる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top