食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

経過措置期間5年程度に見直しへ—加工食品の原料原産地表示

 既報のとおり、内閣府消費者委員会の第40回食品表示部会(部会長=阿久澤良造・日本獣医生命科学大学学長)が8日に、開かれ、すべての加工食品を対象に原料原産地表示を義務化する食品表示基準の一部改正について審議。経過措置期間については、原案で平成32年3月末としていたものを見直し、制度施行から5年程度とする方向をまとめた。次回、29日に開く会合で、消費者庁が今回の議論を踏まえ、この方向に沿い見直し案を提示する見通し。
 経過措置期間の議論では、渡邊健介委員(一般(財)食品産業センター参与)らが提出した資料を基に意見交換を行った。この中で渡邊委員は「経過措置期間は、今回の制度施行から5年を確保すべき」とし、その理由を説明。それによると、今回の原料原産地表示制度は、従来の表示制度の変更と異なり、「過去の原料使用実績を調査する期間」「表示方法を選択する期間」が必要になり、また事業者に再度ヒアリングしたところ、原料原産地表示を正確に表示に反映させるための表示システム改修、検証、情報登録も必要になる。

◆行政・統計

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

[食肉家計調査・2月]肉類支出は27%増、13カ月連続前年超え

 総務省統計局が公表した2月家計調査報告(2人以上世帯=1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,456円(前年同月比27%増)。前月までに比べ伸び率は落ち着きつつあるものの、昨年2月は新型コロナの感染拡大が国内でも警戒され始めた時...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

JPPAがタイの豚肉市場調査、日本産豚肉輸出拡大への提言も

 一般社団法人日本養豚協会(JPPA、日本畜産物輸出促進協議会豚肉輸出部会事務局)はこのほど、タイにおける豚肉マーケット調査報告書を取りまとめ、ホームページに公表した。同調査は日本産豚肉の海外市場拡大のため、2020年度の豚肉輸出事業として...
More

◆製品

More
Return Top