食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

経過措置期間5年程度に見直しへ—加工食品の原料原産地表示

 既報のとおり、内閣府消費者委員会の第40回食品表示部会(部会長=阿久澤良造・日本獣医生命科学大学学長)が8日に、開かれ、すべての加工食品を対象に原料原産地表示を義務化する食品表示基準の一部改正について審議。経過措置期間については、原案で平成32年3月末としていたものを見直し、制度施行から5年程度とする方向をまとめた。次回、29日に開く会合で、消費者庁が今回の議論を踏まえ、この方向に沿い見直し案を提示する見通し。
 経過措置期間の議論では、渡邊健介委員(一般(財)食品産業センター参与)らが提出した資料を基に意見交換を行った。この中で渡邊委員は「経過措置期間は、今回の制度施行から5年を確保すべき」とし、その理由を説明。それによると、今回の原料原産地表示制度は、従来の表示制度の変更と異なり、「過去の原料使用実績を調査する期間」「表示方法を選択する期間」が必要になり、また事業者に再度ヒアリングしたところ、原料原産地表示を正確に表示に反映させるための表示システム改修、検証、情報登録も必要になる。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top