食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

食品製造業HACCP導入率、畜産食料品は55.6%に上昇

 農水省は、平成28年度「食品製造業におけるHACCPの導入状況実態調査」結果を公表した。従業員5人以上の食品製造業を対象に、28年10月1日現在のHACCP導入状況などを調査し、774社から回答を得たもの。
 それによると、HACCPの導入率(「すべての工場」「一部の工場」で導入)は28.6%(27年度調査時23.1%)で5.5ポイント上昇した。昨年、厚労省で行われた「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」で、HACCPの制度化について議論されたことなどの影響によるものと考えられる。販売金額規模別にみると、「導入済み」の企業は、年間の販売金額が100億円以上では8割以上である一方、1億円未満の企業は2割以下となっており、企業規模により差がみられる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

 スターゼンは18日の取締役会で、代表取締役の異動、役員の異動、人事異動について決議した。4月1日付で新たに代表取締役社長に横田和彦専務取締役営業本部長が就任する。中津浜健代表取締役会長兼社長は取締役会長、永野章代表取締役副社長は取締役副会...
More
Return Top