食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

冷凍牛肉SG発動、8月から来年3月末まで関税50%、14年ぶり

 農水省は28日、平成29年度第1四半期の冷凍牛肉の輸入量が関税緊急措置の発動基準数量を超えたため、冷凍牛肉に関する関税緊急措置(セーフガード=SG)を発動すると発表した。SG発動により、8月1日から来年3月末まで現在の関税38.5%を50%に引き上げる。豪州産は、日豪EPAにより冷凍牛肉の関税が上がらず、29年度の27.2%のままとなる。SGの発動は15年度第1四半期のチルド以来14年ぶり。 
 SGは全世界からの輸入量が117%を超えており、かつEPAが発効していない国からの輸入量も117%を超えている場合に発動される。EPAを発効していない国は米国、ニュージーランド、カナダなどで、EPAを発効していない国全体の輸入量の8割を米国が占める。今回、トリガー数量を超える要因となった一つとして、5月半ばに中国の米国産牛肉輸入解禁の報道を受け、先高を懸念した国内卸が在庫を抱えたことがあげられる。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top