食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

伏見課長、畜産GAP「東京オリパラに十分供給できることを目標」

 農水省記者クラブの農林記者会は13日、農水省の伏見啓二畜産振興課長らを講師に招き、「畜産GAP勉強会」を開いた。畜産GAPについては中畜がこのほど、生産者自身が生産工程の管理状況の自己点検を行う「GAP取得チャレンジシステム」を稼働させ、その動きを加速させている。勉強会で伏見課長は東京オリパラに向けた同システムの現段階での目標農場数について「2020年のオリンピック・パラリンピックを目ざしたときにその食材を十分供給できるようなところを目標にしている」との認識を示した

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

スターゼン新代表取締役社長に横田専務、常務取締役に鶉橋氏

 スターゼンは18日の取締役会で、代表取締役の異動、役員の異動、人事異動について決議した。4月1日付で新たに代表取締役社長に横田和彦専務取締役営業本部長が就任する。中津浜健代表取締役会長兼社長は取締役会長、永野章代表取締役副社長は取締役副会...
More
Return Top