食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

伏見課長、畜産GAP「東京オリパラに十分供給できることを目標」

 農水省記者クラブの農林記者会は13日、農水省の伏見啓二畜産振興課長らを講師に招き、「畜産GAP勉強会」を開いた。畜産GAPについては中畜がこのほど、生産者自身が生産工程の管理状況の自己点検を行う「GAP取得チャレンジシステム」を稼働させ、その動きを加速させている。勉強会で伏見課長は東京オリパラに向けた同システムの現段階での目標農場数について「2020年のオリンピック・パラリンピックを目ざしたときにその食材を十分供給できるようなところを目標にしている」との認識を示した

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top