食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

業界待望の台湾への牛肉輸出解禁が決定、29食肉施設を申請中

 齋藤農相は19日の閣議後会見で、台湾の衛生福利部が18日に日本産牛肉の輸入条件の決定について報告し輸入を再開すると述べた。台湾への牛肉輸出解禁は食肉業界から長い間望まれており、今回の解禁を受けてさらなる牛肉輸出拡大が期待される。
 台湾の衛生福利部によると、輸入条件は日本で生まれ、飼育された牛に由来するもので30カ月齢未満の牛であるとともに、牛のと畜過程で特定危険部位を除くことなどとなっている。また東京電力福島第1原発事故による福島、茨城、栃木、千葉、群馬の輸入規制は食品全般にわたることから牛肉についても規制される。輸出は台湾側が承認した施設で行われることになっており、現在、審査中で、関係筋によると29食肉施設を申請中だという。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top