食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

肉事協、養豚協が畜産物価格決定にあたり要請—自民畜酪対策委

 自民党の畜産・酪農対策委員会が11日、党内で開かれ、肉事協などから畜産物価格決定にあたり要請されるとともに、対策委員会から現地視察について報告された。
 熊本、鹿児島、宮崎で行われた肉用牛の現地視察意見交換では素牛価格が高騰しており肥育経営が悪化しているため、牛マルキンにおける補てん率引き上げを早期実施し、豚マルキンも同様に措置してほしいという意見や畜産クラスター事業の採択率は3割程度であり、しっかりとした予算確保と家族経営も利用しやすいようにしてほしいといった意見が出された。そのほか宮崎の生産者からは肉用子牛生産者補給金などの基準価格について経営の現状に合っていないため、安心のために対応を考えてほしいという声もあった。現地視察を終えて赤澤亮正畜産・酪農対策委員長は「現地の皆さまの声を踏まえながら、党での議論を進め、畜産物価格の決定に向けて取り組んで参りたい」と述べた。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top